ホワイトシェパード・スタンダード

2010 日本ホワイトシェパード犬協会
2010 年11 月6 日初版制定
2011 年06 月16 日改訂
ホワイトシェパード

歴史

20 世紀前半ドイツ人のマックス・フォン・ステファニツが多くの犬を掛け合わせてジャーマンシェパードを生み出した際に,白い牧羊犬も繁殖に使われた.そのため,初代のジャーマンシェパードの兄弟たちの中には白い犬も含まれていた.この白いシェパードを代々受け継ぎ,血統を守ってこられた理由の一つには,毛色が白かったため軍事目的に使用されなかった事も挙げらる.その後,この白いシェパードはヨーロッパから各国へと渡り,国や地方ごとの目的にあわせた変化をしてきた.米国では早期にスタンダードが決定されたため,安定した体型の仔が多く見られる.

また,欧州では長らく雑種扱いであったため,被毛の長さや体格等多様な仔が多く存在した.ただし,欧州でも比較的早期に単犬種として確立されたため,その多様な容姿に合わせたショーが開催されている.日本では1998 年頃に米国から輸入され,ジャーマンシェパードになじんでいる日本の人々に急速に広まって行った.この状況を受け2001 年12 月に日本ホワイトシェパード犬協会が設立され,血統の管理が続けられてきた.

昨今,日本での飼育目的・体型・好みなどがはっきりしてきたため,米国ユナイテッドケネルクラブ(UKC) 等のアドバイスをもとに,日本におけるホワイトシェパードのスタンダードが決定された.

ホワイトシェパード

一般外貌

ホワイトシェパードは中位大の大きさで,均整の取れた筋肉質の犬である.体長は体高よりもやや長く約10 : 8 の長さである.輪郭は角張らず,なだらかな曲線で形成される.性別による違いとして,雄は筋肉質で力強く,雌はなだらか曲線が際立っている.また雌は雄よりも一回り小さい.被毛は純粋な白色であり,耳は直立する.尾は低い位置から付き,なだらかな外向きのカーブを描き,長さは飛節まで届く.被毛は白色だが鼻・口吻・アイライン・パッドは黒色である.

習性/性格

ホワイトシェパードは自然な上品さがあり無理のない滑らかな動きと使役犬としての能力を兼ね備え,服従心と運動能力では群を抜く優秀な犬種である.性格は落ち着いているが,必要とあれば熱心かつ俊敏であり,どんな能力においても役目を果たす姿勢を示す.日頃は慎重でかつ従順で愛らしい家族の一員として振舞い,飼い主と親しい人かどうかの判断ができ,子供を擁護出来る位の寛容さも兼ね備えている.

歩様

ホワイトシェパードにとって健康であり,かつ素早く急な動きが可能であることは,本質的に重要である.速歩(トロット) の際,後躯から生み出される力強い推力により,効率的な広い歩幅で歩く.後脚は,前方へ動くのに伴い,前脚の下を通り,前足があった位置に着地する.後脚が後方へ動くのに伴い,胴体は前方へと推進される.その際脚をはね上げず地面近くをスムースに移動する.速歩の際,背中は安定し水平を保つ.速歩のスピードが上がるにつれて,単線歩様(シングルトラッキング) になる.適切な歩様は前後からだけでなく側面からも評価され,滑かで美しい歩様になっているかが審査される.

体長/体高/体重

体長は前胸部から臀部の端までを被毛を抑えた状態で計り,オスは79cm,メスは73cm を基準とする.また,体高とはキ甲の上部から垂直に地面まで下ろした高さのことであり,オスは63cm,メスは58cm を基準とする.したがって,体長と体高との比率は約10 : 8 の比率が理想的な体型といえる.許容範囲は基準値から±2cm とする.体重はオスは36kg,メスは29kg を基準とし,±2kg を許容範囲とする.

頭部

頭部の大きさは(額から鼻先まで)体高の約40% の長さが好ましく犬体の大きさと釣り合いが取れている.オスは粗野でなくしっかりした外見を持ち,メスは美しく優しい外見を持つ.顔全体を上からみてくさび状になり鼻先で止まる,額はわずかに膨らみ中央溝はほとんど無い,ストップも同様にわずかに分かる程度で鼻梁に続く.額から鼻梁まではほぼ直線になる.頬は咬力を示し,わずかに膨らみを持っている.口吻は力強く,唇は黒く引き締まり合わされている.歯は上顎20本,下顎22 本で合計42 本のしっかりした歯が隙間なく揃い,上前歯がわずかに出ている(シザーズバイト).犬歯は上下がしっかり咬み合わさり隙間が無い様でなければならない.鼻は常に黒く,季節,体調による退色(スノーノーズ) は許容範囲であるが,好ましくない.目は茶または黒色で中位の大きさであり,アーモンド形でやや斜めに付いている.より濃い色の目が好ましい.目縁は黒色で,顔全体を引き締めている.耳は直立し,程良く尖っており,中位の大きさである,また根元が広く,付く位置も高い,通常時は耳の中心線は地面に対し垂直であり,互いに平行の位置にある.

頸部

長さは頭の大きさと釣り合いが取れている.頸部は強く,筋肉質であり,引き締まってすっきりしている.立止時は水平線に対して45 度の角度を保っている.

前躯

肩甲骨は長く,垂線から約35 度の角度で後ろに傾き,胴体に対し平行に位置し,左右の骨が上部で接近している事.上腕は肩甲骨の長さと等しく,約102 度の角度で肩甲骨と接続する.前胸部は充分せり出しており力強さを感じさせ肘に達する.

胴体

背は腰部も含め真直ぐで臀部に向かいやや傾斜している.臀部は水平線より23 度の角度から始まり徐々に傾斜し低い位置付く尾に向かってなだらかに流れる.腹部は引き締まり,腰に向かう曲線(タックアップ) はほどほどにアップしている肋骨は骨が充分発達し,長く楕円形で胴体を包んでいる.肋骨が扁平や丸型の場合歩様が不自然になる可能性がある.

後躯

後躯は幅広で筋肉質でかつ前躯とバランスが取れている.骨盤は水平から約35 度の角度で後ろ向きに傾斜している.大腿骨は臀部のへこみからほぼ垂直に落ち込み,骨盤と約125 度の角度で接続する.

脚部

上腕骨は約20 度の傾斜で付き肘に向かう.左右の前足は前から見て真直ぐ地面に向かい,X 脚やO 脚は好ましくない.後脚の股関節に異常がなく大腿部はたくましい筋肉を持ち幅広い事また側面からみて斜めに付いている.大腿部より下腿部の方が幾分長い.爪先はアーチ状であり,十分な握り込みが必要である.またパッドは厚く丈夫で,黒色である.爪は丈夫であり,前脚の狼爪はそのままでも良いが,後脚の狼爪は切除する.

尾部

尾は傾斜した尻の自然な延長として低く付きなだらかな外向きのカーブを描く.長さは飛節まで届く.理想的な尾の姿勢は,尾の根元からの延長線よりやや下に向かい,しっかりした被毛におおわれている.

被毛

色は全体が白く耐候性の二枚毛(ダブルコート) である.外毛(アウターコート) は密に生えており,直毛で,あらく,体にぴったりとしている.下毛(アンダーコート) は短く密に生えており,きめ細かい質感を持つ.首の部分で,特にオスの場合は被毛がやや長く太い.脚の後側の毛は前側の毛よりもやや長い.臀部と尾の下側の被毛は胴体の被毛よりも長く密である.脚および足がやや粗い質感の毛に覆われているのに対し,頭と耳はなめらかで幾分柔らかい毛で覆われている.

欠点— ドッグショーでの減点対象

成犬で臆病や攻撃的な犬.鼻・目縁・口唇・パッドの色素の退化.過度に長く狭い頭部.不揃いな歯並びと上顎前出(オーバーショット).円形または突き出た目及び斑点のある色素沈着.滑らかでない歩様.頸背線が窪んでわん曲した頸.垂れさがった頸の皮膚(咽喉垂皮).キ甲の後ろの窪み.及び背線の湾曲.長く開いた指.短すぎる尾.下毛の不足.ベージュ色の被毛.

失格— ドッグショーへの出陳不可

下顎前出(アンダーショット).先天的色素欠乏症(アルビノ).茶か黒以外の目.断尾.垂れた耳及断耳.片方ないし両方の陰睾丸.巻き尾.

ページ上部へ戻る